【鳥取県米子市】賀茂神社天満宮【受験合格祈願だけじゃない】

山陰遊覧記

鳥取県米子市で学業の神・菅原道真公を祀る賀茂神社天満宮(以下、賀茂神社)

受験シーズン真っただ中の1月末、その賀茂神社に参拝しましたので、紹介させていただきます。

賀茂神社に参ってみようかな、と思っておられる方、是非ご一読ください。

 

 

スポンサーリンク

賀茂神社について

公式サイト http://kamoten.org
住所 鳥取県米子市加茂町2丁目212番地
ジャンル 神社・天満宮
交通手段 ・自家用車(ただし駐車場が狭い)

・JR山陰線・伯備線・境線「米子」駅から1.2km。徒歩10分程度

・駅にタクシーあり。

駐車場 あり(6台程度)
オススメな人 ・入学・進学・受験合格祈願の方

・神社仏閣に興味のある方

注意ポイント 駐車車が狭いので、自家用車で移動する場合は付近の有料駐車場に止めざるを得ない場合があるかもしれません

 

賀茂神社の御利益・御祭神・由緒など

【御利益】

・学長進達

・自然守護

・厄除開運

・商業繁栄

・交通安全

・諸願成就

 

【主な御祭神・2柱】

別雷命(わけいかづちのみこと)

雷神様。五穀豊穣と自然災害といった大自然を支配する神。

自然守護や秩序、雷様ということで電気の神様

 

菅原道真命(すがわらのみちざねのみこと)

平安時代の貴族・学者・政治家であった菅原道真公が、没後に天神様・学問の神様として日本各地で祀られており、本記事で紹介している天満宮でも主祭神として祀られている。

 

【合祀・7柱】

倉稲魂命(うがのみたまのみこと)

いわゆる、お稲荷様。産業繁栄の神

もともと米子城内に鎮座していた稲荷神社に祀られていたが昭和38年に賀茂神社に合祀。

 

須佐之男命(すさのおのみこと)

日本の国を造ったイザナギから生まれたアマテラス・ツクヨミの弟神。

ヤマタノオロチを退治したことでも有名。武神、厄除けの神様

米子市内にあった萬能神社と米原神社で祀られていたが、昭和48年及び昭和36年に賀茂神社に合祀。

 

大已貴命(おおなむちのみこと)

大国主神(おおくにぬしのかみ)、大黒様の別名(同一神)。

因幡の白兎の主人公でもあり、出雲大社に祀られている神。

縁結び・医術・開運の神様

米子市内にあった萬能神社で祀られていたが、昭和36年に賀茂神社に合祀。

 

少名彦那命(すくなひこなのみこと)

大已貴命に協力して日本の国づくりを行った小人の神様。

医術や産業振興(農業・温泉・酒造など)の神様

米子市内にあった萬能神社で祀られていたが、昭和36年に賀茂神社に合祀。

 

事代主命(ことしろぬしのみこと)

大已貴命の子どもの神様。えびす様のこと。

漁業・商業の神様

米子市内にあった恵比須宮で祀られていたが、昭和36年に賀茂神社に合祀。

 

誉田和気命(ほんだわけのみこと)

品陀和気命(ほんだわけのみこと)、八幡さまとも。

勝利、武運(もともと軍神)、出世開運の神様

米子市内にあった湊山八幡宮で祀られていたが、明治元年に賀茂神社に合祀。

 

天照皇大神(あまてらすおおかみ)

前述の須佐之男命の姉神(男性神との説もあり)。

伊勢神宮に祀られている日本神話における太陽神。

米子市内にあった榎大神宮で祀られていたが、明治元年に賀茂神社に合祀。

 

 

【由緒】

創立年代不詳。

推論として、西暦1300年代(室町時代)頃に、米子城跡がある湊山を神体として建立されたとされる。

また、京都の上賀茂神社より勧請されて(分霊を迎えて)おり、名称を「賀茂皇大明神」としていたが、明治元年より「賀茂神社」、昭和36年に稲荷神社及び天満宮を合祀したことにより、現在の「賀茂神社天満宮」と改称した。

 

 

米子三名泉の湧水「宮水」

賀茂神社には、「宮水」と呼ばれる湧き水が湧いています。

宮水の「おかげ」としては、身体健全、家庭円満、災厄災難除、諸願貫徹

具体的な宮水の用い方としては以下の3通り。

 

「開運」

汲んだ宮水を家の東北の隅から時計回りに、東南、西南、西北、玄関に撒く。

 

「清祓」

お風呂に少量入れて入浴する。

 

「祈念」

早朝に身を整え、参拝後に、2~3通水した後の宮水をその場で少量飲む。

宮水を持ち帰る場合は、上記と同様に汲み取った後、なるべく早く飲む。

なお、飲用については自己責任(神社としては厚労省の水質基準に適合しているが保証は致しかねる、とのこと)

 

 

米子市の「よなご」発祥の地でもあります

賀茂神社周辺の地名は、戦国時代の頃まで「賀茂の浦」と呼ばれていた。

その戦国時代に、子宝に恵まれなかった一人の老翁が、前述の「宮水」で身を清めて祈り続けた結果、八十八歳にて子供に恵まれたという。

この「八十八の子」にちなんで「米子」という地名が誕生したとの言い伝えが残っている。

(異説あり)

 

 

賀茂神社の風景

さて、2022年1月23日に私が参拝した際の神社の様子を紹介させていただきます。

当日は、あいにくの曇り空でしたが・・・

 

まずは、神社の入り口。

対向車線側の歩道より撮影。

特に目立つ看板がないので、自家用車の場合は、見落とし注意!

 

神社入り口に到着。

 

神社の敷地に入ると、まず駐車場があります。

 

入り口から左に曲がると、鳥居があります。

 

鳥居をくぐると、中門が目の前に。

向かって中門の右側には授与所。左側はおみくじ小屋。

 

祈願の御依頼は授与所へどうぞ。

(↓授与所の玄関)

 

(↓授与所の窓口。お守りの購入などはコチラ)

なお、両替は受け付けておらず、境内にトイレはありません。

 

おみくじ小屋には、おみくじが9種類も!

 

中門をくぐると、手水舎があります。

 

手水舎の天井には、お浄めのやりかたが丁寧に案内されています。

なお、手水舎の水は一日・十五日・行事の時以外は出ていないので、隣の「宮水」で浄めてください。

 

手水舎の先にある「宮水」の井戸と、実際に水をくむ蛇口です。

手水舎の代わりにお浄めをする際や、宮水の汲み取りに用いてください。

 

手水舎の左手に拝殿があります。

2拝2拍1礼で神様にお願いしましょう。

 

お賽銭ですが、現金のほかにPayPayとJ-Coin Payが使えます。(2022.1月現在)

お賽銭も電子決済の時代なんですねぇ・・・

 

拝殿で拝んだ後、拝殿の周りを時計回りに巡ってみます。

まずは絵馬を奉納する場所があります。

さすが、菅原道真公を祀る天満宮。

受験合格などの進学関係のお願いがたくさんありました。

 

次に、先ほど御紹介した「宮水」の隣に「遥拝所」があります。

遥拝のやり方として、宮水で浄めた後、(小屋のように見える)遥拝所に向かって一礼。

この礼は、伊勢神宮をはじめとする東方の諸神社に向けた遥拝となります。

次に、遥拝所の下をくぐった後、遥拝所に向き直って一礼。

この礼は、出雲神宮をはじめとする西方の諸神社に向けた遥拝となります。

御利益として、厄払・家内安全・小判繁盛・合格必勝・諸願成就など。

是非、拝殿でのお祈りと併せて、遥拝所でのお祈りされてはいかがでしょうか。

 

そして、拝殿の左側にまずあるのは、稲荷神社。

倉稲魂命(=稲荷大明神=お稲荷様)にお参りできます。

 

拝殿左脇をさらに進むと、稲荷神社の右隣にも建物があります。

これは御神輿などが保管されている建物のようです。

 

さらに進むと、武内神社があります。

大和政権時代(飛鳥時代以前)に300歳以上、生き抜いたという伝説を持つ武内宿禰命(たけうちのすくね)を祀った神社です。

御利益は、不老長寿・延命です。

 

武内神社にお参りすると、あとは本殿の周りをぐるっとまわると授与所の窓口に出ます。

これで、境内内でお参りするところは以上になります。

ということで、参拝は以上になります。

 

 

おわりに

進学や受験合格に御利益があることで有名な「賀茂神社天満宮」の紹介でした。

 

私は、この記事をまとめながら「宮水」の御利益や祈願方法を認識できた次第です。

写真を撮る際に、よく読めばよかった。

またお参りして、今度は宮水を飲んで、神様にお願いをしたいと思います。

 

ここまでの御高覧、ありがとうございました。

 

 

関連記事(鳥取県の寺社)

【鳥取県の金運パワースポット】金持神社にお参りしました
鳥取県のパワースポット、特に金運招福として名高い「金持神社」 読み方は「かねもち神社」ではなく、「かもち神社」です。 この金持神社に参拝する機会がありましたので、紹介させていただきます。 興味のある方、是非、ご一読ください...
【鳥取県日野町】金持神社で財布お祓い(財布供養)をお願いしたら「金の素」が届いた!
先日(2022年3月30日)、鳥取県日野町の金持神社(かもちじんじゃ)に「お財布供養(財布お祓い)」をお願いしました。 金持神社についての紹介記事はこちら。 そのお財布は、同年4月25日に金持神社にてお祓...
【鳥取県米子市の産土神様】勝田神社
米子市の産土神(うぶすながみ)さまである勝田神社(かんだじんじゃ)。 産土神とは・・・その土地の守り神のことです。 すなわち、米子市の守り神さまの神社ですね。 私は、米子市出身ではありませんが、この地に長く...
【鳥取県米子市】粟嶋神社と静の岩屋【医療の神様と八百比丘尼伝説の地】
うつ病を患っており、病気平癒のお願いがしたい佐々井です。 鳥取県米子市で「粟嶋(あわしま)さん」と親しまれている粟嶋神社。 本記事では、その、こんもりした小さな山頂に社があり、山全体が神域の粟嶋神社について紹介します。 ...
【鳥取県米子市】富が増す!富益神社【境内は県道で真っ二つ】
佐々井です。 今回は、因幡伯耆國「開運八社巡り」の中の1社「富益(とみます)神社」にお参りしました。 その名から、「富貴が増す」「豊穣祈願」の神社として縁起の良い地として、近年、宣伝されてもおります。 それでは、ご紹介して...
【鳥取県米子市】鴨御祖神社(通称:ただすじんじゃ)
鳥取県在住の佐々井です。 鳥取県米子市にあります「鴨御祖神社」にお参りしましたので、ご紹介いたします。 ・・・社名は、なんて読むんでしょう? 難読ですね。「かもみおや神社」だそうです。 ですが、地元の...
【鳥取県米子市】宗形神社と見事なクスノキたち
こんにちは。虫が苦手な佐々井と申します。 今回は、鳥取県米子市に鎮座されます「宗形神社」にお参りをしたので、本記事にて紹介させていただきます。 なにやら、この神社の神様は「交通安全」「厄除開運」のほかにも、「虫封じ」の神...
【鳥取県大山町】大山寺にお参りしてきた
本記事では、中国地方最高峰の大山の懐深くに鎮座する「大山寺」についてご紹介します。 2022年5月17日、同寺にお参りに行った際に、写真も撮影いたしました。 春の大山寺は、新緑の参道が楽しめます。 よろしければ、ご覧くださ...
【鳥取県大山町】大神山神社・奥宮にお参りしてきた
本記事では、中国地方最高峰の大山に鎮座する「大神山神社」の「奥宮」についてご紹介します。 2022年5月17日にお参りに行った際に、写真を撮影いたしました。 一の鳥居から本殿まで続く、日本最長の石畳の参道が新緑+木漏れ日で神々し...
【鳥取県南部町】赤猪岩神社(清水井・清水川神社も)にお参りしてきた【再生復活祈願】
鳥取県南部町に鎮座する赤猪岩神社(あかいいわじんじゃ)。 古の日本の国造りの神・大国主神(おおくにぬしのかみ)が、まだ国を治める前の若かりし頃、兄神たちに謀殺されました。 その後、大国主神の死を嘆き悲しんだ大国主の母神・...
【鳥取県大山町】壹宮神社にお参りしてきた【鳥取県西部で安産祈願ならここ!】
鳥取県大山町に鎮座する壹宮神社(いちのみや神社)。 戌の日(いぬのひ・安産祈願に最適の日)には、安産祈願やお礼参り、お宮参りの参拝客でにぎわいます。 2022年6月10日、戌の日ではないためか、静かな壹宮神社にゆったりと...

 

関連記事(関連書籍)

(書籍紹介・要約)神社に行っても神様に守られない人、行かなくても守られる人。【岡田能正】
神社・仏閣に興味を持っている佐々井です。こんにちは。 今回、ご紹介する書籍は、「神社に行っても神様に守られない人、行かなくても守られる人。」です。 副題は、「1200年続く神社の神主が教える、神様との正しいご縁のつくりか...
(書籍紹介・要約)日本全国開運神社 このお守りがすごい!【中津川昌弘】
こんにちは。神社の境内の雰囲気が好きな佐々井と申します。 今回、ご紹介する書籍はこちら! タイトル 日本全国開運神社 このお守りがすごい! 著者 中津川 昌弘(お守り研究家、ミネルヴァ株式会社代表取...

コメント

タイトルとURLをコピーしました