【鳥取県の金運パワースポット】金持神社にお参りしました

山陰遊覧記

鳥取県のパワースポット、特に金運招福として名高い「金持神社」

読み方は「かねもち神社」ではなく、「かもち神社」です。

この金持神社に参拝する機会がありましたので、紹介させていただきます。

興味のある方、是非、ご一読ください。

 

 

スポンサーリンク

金持神社について

創立年代は不詳であるが、日本全国で唯一「金持」という縁起の良い地名をいただく神社。

公式サイト https://www.kamochijinja.jp/
住所 鳥取県日野郡日野町金持74
ジャンル 神社
交通手段 ・自家用車

・JR伯備線「根雨」駅から3.5km。駅にタクシーあり。(予約しておくが吉)

駐車場 あり
おすすめな人 ・金運招福を祈願したい方

・神社仏閣に興味がある方

おすすめポイント ・拝殿への参拝

・絵馬の奉納(宝くじ当選ありがとうございます!など多数)

注意ポイント 中国山地に入った山間部に位置するため、冬季は寒さ対策が必須。

また、自家用車の場合は冬用タイヤの装備が必須。

 

 

金持神社の御祭神・由緒・御利益など

【御祭神は3柱】

天之常立命(アメノトコタチノミコト)

天地開闢(天地の始まり)から5番目に現れた神様

 

八束水臣津努命(ヤツカミズオミズヌノミコト)

国引き神話(出雲の土地が狭いので、土地を他の国から引っ張って持ってきて、出雲の土地を広げた、という神話)で登場する神様。

同神話で、土地を引っ張った巨人の神様が八束水臣津努命。

 

淤美豆奴命(オミズヌノミコト)

上記の八束水臣津努命と同一視されることもある神様。

金持神社のパンフレットには、国引きが行われた際に、国を引っ張る時につかわれた綱になった神様、とある。

 

【由緒】

創立年代不詳。

弘法元年(西暦810年・平安時代)に出雲の妙見宮(現:長浜神社)から分霊を招き、「妙見宮」として創建された。

明治元年より名称を「金持神社」と改めた。

 

【御利益】

・金運招福

・開運招福

・商売繁盛

・家内安全

・交通安全

・神恩感謝

・願望成就  等々

 

「金持」の地名の由来

縁起の良い「金持」の地名は、この地が「鉄」の産地であったことに由来します。

すなわち、「鉄」は、かつて古代日本で「金の玉」「黄金に勝る」と称されていたことから。

 

また、この地は「加持=かもち」とも書かれていたとも言われ、「かもち→加持→金持」と変化したとも言われています。

 

ゆえに、かつて金山があって黄金や白銀の産地であった、というわけではありません。

 

 

金持神社の風景

2022年1月19日、雪の降る中、思い立ったが吉日、金持神社を参拝することにしました!

 

国道181号線(日本海側から南下)すると「金持神社札所」という看板が見えてきたので、その看板の先にある入り口から駐車場に進入。

 

駐車場は、ご覧のとおり広々~・・・なのですが、雪に覆われて分かりずらいですね・・・

 

駐車場を出て、売店(札所)があります。

今回は売店に寄らず、神社へ直行!

 

板井原川に架かる神明橋を渡っていきます。

 

神明橋を渡り切ると「参道」の看板がお出迎え。まっすぐ進みます。

 

参道を進むと分かれ道に来ます。左が手水舎と石段の参道。

右に進むと坂道ですが、段差のない道で神社の裏手に通じます。

 

ペットを連れての参拝はできないようです。

 

手水舎で両手と口を浄めます。

コロナ対策で柄杓は無く、3ヵ所からでている流水で浄める方式でした。

 

手と口を浄めた後、いざ参拝!

まずは鳥居をくぐります。

 

鳥居をくぐると、拝殿に通じる石段を登ります。

下の写真でも写っていますが、石段の登り口から拝殿が見えますので、石段はそう多くありません。

 

石段を上り詰めると拝殿に到着!

 

2礼2拍1礼で、神様にお願いごとをします。

 

拝殿のそばや、拝殿の裏と横には絵馬がずらり!!

「宝くじがあたりますように!」のようなお願いから、「ロト高額当選ありがとうございました!」という感謝の絵馬が、文字どおり鈴なり!

 

拝殿から1段下がったところに、お守りなどの授与所があります。

ここで絵馬(500円と800円の2種がありました)を購入し、再び神様にお願いして、おみくじ(100円)を引かせてもらいました。

 

以上で、参拝は終了。

往路は雪が降る中、車を走らせていましたが、帰路はうってかわっての快晴。

金持神社を参ったことで、運が天気と一緒に開けた!・・・と信じます(笑)

 

 

おわりに

鳥取県の金運パワースポット「金持神社」を紹介させていただきました。

交通アクセスこそ限られていますが、こじんまりとした神域で参拝しやすい神社だと思います。

 

神社内にかけられた「宝くじ高額当選ありがとうございます!」という感謝の絵馬の数に圧倒されます。

「あやかりたい!!」と思わずにいられません!!

 

私も、お金に関するお願いをしてまいりました。

引いた「おみくじ」も良いことが書いてあったので、良き事が実際に起こるよう精進していこうと、思いを新たにすることができました。

あなたも、金持神社にお参りされてはいかがでしょうか!

 

ここまでの御高覧、ありがとうございました!

 

 

関連記事(鳥取県の寺社)

【鳥取県日野町】金持神社で財布お祓い(財布供養)をお願いしたら「金の素」が届いた!
先日(2022年3月30日)、鳥取県日野町の金持神社(かもちじんじゃ)に「お財布供養(財布お祓い)」をお願いしました。 金持神社についての紹介記事はこちら。 そのお財布は、同年4月25日に金持神社にてお祓...
【鳥取県米子市】賀茂神社天満宮【受験合格祈願だけじゃない】
鳥取県米子市で学業の神・菅原道真公を祀る賀茂神社天満宮(以下、賀茂神社) 受験シーズン真っただ中の1月末、その賀茂神社に参拝しましたので、紹介させていただきます。 賀茂神社に参ってみようかな、と思っておられる方、是非ご一読くださ...
【鳥取県米子市の産土神様】勝田神社
米子市の産土神(うぶすながみ)さまである勝田神社(かんだじんじゃ)。 産土神とは・・・その土地の守り神のことです。 すなわち、米子市の守り神さまの神社ですね。 私は、米子市出身ではありませんが、この地に長く...
【鳥取県米子市】粟嶋神社と静の岩屋【医療の神様と八百比丘尼伝説の地】
うつ病を患っており、病気平癒のお願いがしたい佐々井です。 鳥取県米子市で「粟嶋(あわしま)さん」と親しまれている粟嶋神社。 本記事では、その、こんもりした小さな山頂に社があり、山全体が神域の粟嶋神社について紹介します。 ...
【鳥取県米子市】富が増す!富益神社【境内は県道で真っ二つ】
佐々井です。 今回は、因幡伯耆國「開運八社巡り」の中の1社「富益(とみます)神社」にお参りしました。 その名から、「富貴が増す」「豊穣祈願」の神社として縁起の良い地として、近年、宣伝されてもおります。 それでは、ご紹介して...
【鳥取県米子市】鴨御祖神社(通称:ただすじんじゃ)
鳥取県在住の佐々井です。 鳥取県米子市にあります「鴨御祖神社」にお参りしましたので、ご紹介いたします。 ・・・社名は、なんて読むんでしょう? 難読ですね。「かもみおや神社」だそうです。 ですが、地元の...
【鳥取県米子市】宗形神社と見事なクスノキたち
こんにちは。虫が苦手な佐々井と申します。 今回は、鳥取県米子市に鎮座されます「宗形神社」にお参りをしたので、本記事にて紹介させていただきます。 なにやら、この神社の神様は「交通安全」「厄除開運」のほかにも、「虫封じ」の神...
【鳥取県大山町】大山寺にお参りしてきた
本記事では、中国地方最高峰の大山の懐深くに鎮座する「大山寺」についてご紹介します。 2022年5月17日、同寺にお参りに行った際に、写真も撮影いたしました。 春の大山寺は、新緑の参道が楽しめます。 よろしければ、ご覧くださ...
【鳥取県大山町】大神山神社・奥宮にお参りしてきた
本記事では、中国地方最高峰の大山に鎮座する「大神山神社」の「奥宮」についてご紹介します。 2022年5月17日にお参りに行った際に、写真を撮影いたしました。 一の鳥居から本殿まで続く、日本最長の石畳の参道が新緑+木漏れ日で神々し...
【鳥取県南部町】赤猪岩神社(清水井・清水川神社も)にお参りしてきた【再生復活祈願】
鳥取県南部町に鎮座する赤猪岩神社(あかいいわじんじゃ)。 古の日本の国造りの神・大国主神(おおくにぬしのかみ)が、まだ国を治める前の若かりし頃、兄神たちに謀殺されました。 その後、大国主神の死を嘆き悲しんだ大国主の母神・...

 

関連記事(関連書籍)

(書籍紹介・要約)神社に行っても神様に守られない人、行かなくても守られる人。【岡田能正】
神社・仏閣に興味を持っている佐々井です。こんにちは。 今回、ご紹介する書籍は、「神社に行っても神様に守られない人、行かなくても守られる人。」です。 副題は、「1200年続く神社の神主が教える、神様との正しいご縁のつくりか...
(書籍紹介・要約)日本全国開運神社 このお守りがすごい!【中津川昌弘】
こんにちは。神社の境内の雰囲気が好きな佐々井と申します。 今回、ご紹介する書籍はこちら! タイトル 日本全国開運神社 このお守りがすごい! 著者 中津川 昌弘(お守り研究家、ミネルヴァ株式会社代表取...

コメント

タイトルとURLをコピーしました