(書籍紹介・要約)もしも…に慌てない登山式DE防災習慣【鈴木みき】

佐々井の本棚

今回、ご紹介する書籍はこちら!

タイトル もしも…に慌てない登山式DE防災習慣
著者 鈴木みき(イラストレーター)
出版社 講談社
初版発行年月日 2020年11月3日

 

本書は、山好きのキャンプ好きな著者が、「登山を楽しむ」のと「防災準備」の親和性が高いことに気づいたことから、「登山を趣味とする=防災習慣がつく」ことを教えてくれる書籍です。

「防災の練習を兼ねて、山に登ってみませんか?」

「レッツ防災、レッツ登山!」

登山の装備を紹介するように、防災の装備・心得も具体的に紹介してくれるので、登山に全く興味がない方にもオススメしたい1冊です。

本記事では、本書の内容を紹介させていただきます。

 

スポンサーリンク

登山で防災力を高めませんか

登山歴22年のイラストレーターの著者。

東日本大震災は東京で被災。

また、札幌に引っ越した後に、北海道胆振(いぶり)東部地震を経験します。

その際、不思議と落ち着いて行動できたと言います。

「防災」については、「もや~っと気をつけないと、と思っていても具体策や行動はしていなかった」具合でした。

しかし、被災時に冷静に行動できていた……

これは、きっと「登山」をしていたから!と言います。

なぜなら……

登山は、常に目の前の状況に対して「安全」な方を選びながら行動します。

天候、時間配分、自分の体力を先読みする「危機管理能力」も必要です。

これは、「防災力」と似ているのではないでしょうか。

また、電気やガス、水道が使えないことも「山にいるのと同じ状況」です。

登山者のザック(リュック)のなかには、停電等に対応できる装備が入っているのです。

状況に寄りますが、知らない人と暮らす「避難所生活」をしなくても「自立避難生活」を送ることもできます。

避難の仕方は、災害の種類や規模、居住地や家族構成によって変わりますが、「登山」はいろいろと防災上で役に立つことうけあいです。

「防災グッズ」も使い方がわからなければ、意味がありません。

「防災訓練」もあるでしょうが、「防災」となると身構えがち……

でも、「登山」や「キャンプ」なら始めやすいかもしれません。

いつ来るか、来ないか、わからない災害。

おびえて防災をするのではなく、登山を楽しみながら備える……というのはどうでしょうか。

 

防災に役立つ登山装備

ここからは、防災を兼用できる登山装備をみてみましょう。

おおまかに「衣・食・住・歩」の4つに分かれます。

登山ウエアには、防水性・防寒性・伸縮性・速乾性・保温性・防臭性などの「機能」が、必ず1つ以上は備わっています。

(ゆえに少々高価ですが)

街でも重宝するフリースウエアやダウンジャケットは、登山でも大活躍。

厚手のものより、薄手のものを重ね着して調整するのが登山式です。

また、着替えをあまりしない(できない)時は、ウール素材が防臭性に優れてオススメです。

避難する時は、サンダルはもってのほか。

災害によっては、ガレキや割れたガラスなどが散乱している場合があります。

そういう時は、スニーカーでもいいのですが、防水性もある登山靴は安心感があります。

もともと、足場の悪いところ用の靴ですからね。

 

登山でも「テント泊登山」となると自炊装備を揃えます。

その登山用の「食」の装備も機能性にあふれています。

まずは、ガス缶とコンパクトストーブを合体させたコンロ!

コッヘル(クッカーとも)と呼ばれる軽量の鍋を使って煮炊きができます。

食材も災害用備蓄になる食糧が、登山の「食」を支えています。

アルファ米、インスタント麺・スープ、レトルト食品、フリーズドライ食品……

登山用語には、「シャリバテ」という言葉があります。

「空腹によるエネルギー切れ」のことです。

これを回避するためには、こまめに食べる習慣が大事になってきます。

このため、シリアルバー、ミニ羊羹、ドライフルーツ、スナック、おにぎり等々も活躍します。

 

登山用テントは、軽いのに風に強い!

1~2人用のテントが多く使われています。

キャンプ用テントは大きいものが多く、天井が高くて出入りしやすいです。

そして、テント登山と言えば、寝袋!

登山用の主流は、軽くて暖かい羽毛が主流です。

高価ではあるけれど、コンパクトに収納できるのも魅力。形は違えど、羽毛布団の1種ですから!

また、高原としてはヘッドライトが必需品。

ヘッドライトは、両手が使えて作業がしやすいので、停電時にも便利!

そして、家にある装備でテントにないものといえば、風呂。

登山では、濡らした手ぬぐいやデオドラントシートで拭きます。

以外かもしれませんが、拭くだけでスッキリします。(頭皮も)

トイレについては、「携帯トイレ=使い捨てトイレ」は、防災上のマストアイテム。

登山の山でも、最近は「携帯トイレブース」という専用の個室スペースが増えています。

登山に行った際に、携帯トイレに慣れておくのもいいですね。

 

「歩」は、山を歩く時に必要な装備です。

まず大切なのは「地図」。

登山では、整備された登山道が記された地図。

防災では、被害想定や避難所を示した「ハザードマップ」ですね。

また、登山用の杖である「ストック」。

足場の悪いところを歩く時に、バランスをとるために使います。

災害時は、足元が瓦礫の山だったり、水に使って歩く先が見えない時に使えます。

そして、救急セット。

登山でも、災害時でも、ケガの応急処置に必要です。

それから、「ホイッスル」。

山で遭難した時や、災害時にがれきに埋もれた際に、救助隊に位置を知らせるために使います。

ところで、登山者の誰もが持っているわけではありませんが、雪山登山用の装備(ピッケルやノコギリ(スノーソー)など)は、近所の人を救助する際に役に立ちます。

これは、DIY用などで工具を備えていれば、災害用も兼用できますね。

最後に重要なのが、「体力」と「気力」。

登山・災害時ともに、なくてはならないものです。

いくら、物質的な装備が揃っていても、この2つが無いと意味がありません。

登山で、体力と気力を底上げしておくのも、一つの手だと思うのです。

 

おわりに

鈴木みき・著「もしも…に慌てない登山式DE防災習慣」を簡単ですが、ご紹介いたしました。

本書には、この記事で紹介しきれなかった防災知識(ハザードマップの見方、非難のタイミング、自助・共助・公助の考え方、著者の登山式防災実践術)が、詳しく書かれています。

登山に今まで興味がなかった方、ちょっと興味がある方、「防災」の方だけ意識していた方、みなさんにオススメしたい1冊です。

ここまでの御高覧、ありがとうございました!

 

関連記事(防災の書籍)

(書籍紹介・要約)命を守るプロが指南 防災減災119【蝶野正洋・加藤孝一】
こんにちは。防災や減災を日常的に取り組みたい佐々井と申します。 今回、ご紹介する書籍はこちら! タイトル 命を守るプロが指南 防災減災119 著者 蝶野 正弘(企画・発案) 加藤 孝一(監修)...
(書籍紹介・要約)被災ママに学ぶちいさな防災のアイディア40【アベナオミ】
今回、ご紹介する書籍はこちら! タイトル 被災ママに学ぶちいさな防災のアイディア40 著者 アベナオミ(イラストレーター・防災士) 出版社 学研プラス 初版発行年月日 2017年2月21日...

 

関連記事(佐々井家の防災)

我が家の防災・その1【防災とミニマリスト志向の相性よし!】
ミニマリストに、ぼんやりと憧れている佐々井です。 先日、本屋でふと手に取った防災本で、災害時の対策とミニマリスト志向の相性がいいことを知った次第です。 本記事では、その相性の良さを紹介していきます。 そもそも「...
我が家の防災・その2【ローリングストック法と車のタンク半分給油】
防災ネタ第2弾は、必要物資の「ローリングストック法」と、自家用車の給油についての2本立てでお送りします。 いわゆる、「物資の備蓄」にフォーカスした記事になっております。 よろしくお願いします。 なお、防災ネタ第1弾...
我が家の防災・その3【耐震補強材いろいろ】
佐々井です。 災害大国・日本!! 「防災・減災」について、ことあるごとに意識せざるをえません。 今回の記事でフォーカスするのは「地震対策」です。 具体的には、「佐々井家で配備した家具転倒防止材の紹介」をいたし...

コメント

タイトルとURLをコピーしました