(書籍紹介・要約)ひとりで生きていく【ヒロシ】

佐々井の本棚

今回、ご紹介する書籍はこちら!

タイトル ひとりで生きていく
著者 ヒロシ(芸人・ソロキャンプYouTuber)
出版社 廣済堂出版
初版発行年月日 2019年11月13日

 

本書は、「ヒロシです。。。」のフレーズでお笑いでブレイクするも、芸能界の空気と自分の生き方が折り合わず、テレビ出演等を控えるようになり、ソロキャンプ(1人でキャンプする)YouTuberとして成功を収めたヒロシさんの「生き方」について書かれたものです。

50歳目前にして、中年独身男の等身大の姿と本心をさらし、「ひとりで生きることもできる。それは旅をするように日々生きる、ということ」と総括されています。

こうかくとカッコイイことが書いてあるような気もしますが、そうでもありません。

「美人女優から求婚されたら結婚する!」みたいなことも書いてあります。

そういった俗物的(失礼!)なところも含め、等身大のヒロシさんの生きざまは、組織の中で生きることに息苦しさを感じた私(ブログ主)も大いに共感するところがありました。

こういった生き方があるんだな、私も生きていてイイんだな

そう思える1冊です。

本記事では、本書の内容をおおまかに紹介させていただきます。

 

スポンサーリンク

本書の要点

本書では、著者が各章のポイントごとに要点を1文でまとめられています。

その要点を紹介させていただきます。

人間関係をどう考えるか

・昨日は友でも今日は他人、ということもある。人間関係に絶対的なものはない

・強くつながった人間関係を信じ切ることは危険。人間関係は流動的なもの。

二度と会うことのない人でも丁寧に接する。「旅の恥は掻き捨て」ではない。

・できないならば、中途半端に群れない。中途半端につるまなければ嫌われることもない。

・気が合うより共通の話題があることが大切。共通の趣味・話題を通じたゆるい人間関係を築こう。

・他人に勝手に期待しない。他人に期待する生き方は、他人に絶望する生き方

 

ひとりで生きられる場所に逃げていい

・置かれた場所で咲くのはしんどい。逃げ込んだ場所でも咲くこともできる

・モテない人でも、環境を変えたらモテる。自分を必要としている人は意外にたくさんいる。

・必要ないのは、根拠のない自信

・みじめな場所にいると、よからぬ「一発屋」=犯罪者になる危険も。人と自分を比べない

・「終わった芸人」でもソロキャンプYouTuberとして復活できた。生き方のタネをたくさん蒔こう。

・値踏みされる名刺は出さない。名刺のいらないフラットな付き合いを心がけよう。

・無駄な敵は作らないようにしよう。しかし、「等身大で生きる」と嫌われることは避けられない。

・大人なんだから尖っていても構わない。デリカシーのない社会の同調圧力に屈する必要はない

・ひとりぼっちが一番ラク。「ぼっちキャラ」認定されたら煩わしいことから解放される。

 

ひとりで死ぬためのお金の話

・月収4000万円でもお金は残らなかった。お金があると、多くの人は「浪費家」になる

・不安の行き着く先はお金。今のうちから節約志向を身につけよう

・ひとりで気持ちよく死ぬには、多少のお金は必要。

・世の中にあふれている広告や商品は、お金も時間も奪うもの

・何に使い、何に使わないのか。お金に関する哲学を持とう

・お金が全てじゃないことを知るために、お金を貯める。お金を大事にすることで見えてくるのは、お金じゃない世界

 

人生がときめく、ひとりぼっちの暇つぶし

・まずは、お金のかからない趣味を始めよう。学生時代を掘り起こすと、コスパのいい趣味を見つけられる。

・ひとりで始められ、ひとりでやめられる趣味を探す。ソロとは、自由である

・眠れない夜は、ノートに思い・考えを書きなぐる。

・光が差す趣味との出会いは傍にある。暇な時間を健全に潰す方法を身につけよう。

・たくさんのタネを同時に撒くことが重要。なにが向いているか、何がうまくいくかは、やってみなければわからない

・(著者は)目の前のことに没頭し、自分をリセットするためにソロキャンプをする。

・最終的には無人島で野垂れ死にするのもいい。どんな状況でも好きにやっていく生き方を模索するのを忘れない

 

著者の生き方「ひとりで生きていく」とは

本書の要点について、前章で紹介させていただきました。

 

人と群れることが苦手で、同調圧力にも屈したくはない。

自分は自分らしく、自活して生きていければ、それでいい。

誰も傷つけず、自分も傷つけずに行きていたい。

そんな思いがにじみ出ているように思えます。

(若い頃は、女性の部屋に転がり込んで生活したこともあるそうですが)

 

「負け惜しみ」「負け組」「しょせん一発屋」「社会不適合者」

 

そんな風に思う人もいるかもしれません。

しかし、そうした感じ方をする人は、そういった考えがベースの「世界」の中で生きているのであって、著者の住んでいる(見えている)世界とは、異なった世界なのだと思います。

世界は「一つのように見えて、一つではない」のではないでしょうか。

著者は、著者の「自分がいる・見ている世界」で生きているのです。

ブログ主は、本書を読み終えて、そう思えてなりません。

 

おわりに

ヒロシ・著「ひとりで生きていく」を簡単ですが、ご紹介いたしました。

 

「就職して当たり前」

「結婚して当たり前」

「結婚したら子どもがいて当たり前」

「マイホームを持って当たり前」

そんな「固定観念」や「同調圧力」といったものに振り回されなくてもいい。

そう教えてくれる書籍だと思います。

 

自分が「世界とズレている」と感じている人に、オススメしたい1冊です。

ブログ主も、読了して良かったと思っています。

ここまでの御高覧、ありがとうございました!

 

関連記事(心身の健康の書籍)

(書籍紹介・要約)禅、比べない生活【枡野俊明】
今回、ご紹介する書籍はこちら! タイトル 禅、比べない生活 「自分のものさし」で生きるヒント 著者 枡野俊明(曹洞宗徳雄山健功寺住職・庭園デザイナー・多摩美術大学環境デザイン学科教授) 出版社 三笠書...
(書籍紹介・要約)読むヨガ ポーズをとらなくても心も体も軽くなる!【密山礼巳】
今回、ご紹介する書籍はこちら! タイトル 読むヨガ ポーズをとらなくても心も体も軽くなる! 著者 密山礼巳(ヨガインストラクター) 出版社 小学館 初版発行年月日 2022年4月10日 ...
(書籍紹介・要約)こころの不調に効く!気楽に、気うつ消し【櫻井大典】
今回、ご紹介する書籍はこちら! タイトル こころの不調に効く!気楽に、気うつ消し 著者 櫻井大典(漢方家) 出版社 ワニブックス 初版発行年月日 2020年12月10日 ...
(書籍紹介・要約)心の疲れをとるコツ【植西聰】
今回、ご紹介する書籍はこちら! タイトル 心の疲れをとるコツ 著者 植西聰(著述家・産業カウンセラー) 出版社 WAVE出版 初版発行年月日 2019年8月29日 本...

コメント

タイトルとURLをコピーしました