【鳥取県米子市】目久美神社にお参りしてきた【”目組”神社、”足尾さん”とも】

山陰遊覧記

鳥取県米子市の米子駅南口・新加茂川沿いの丘に鎮座する目久美(めぐみ)神社。

病気平癒のおかげがある、通称”足尾さん”と呼ばれる小さな社です。

2023年1月12日(木)にお参りさせていただいたので、ご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

目久美神社について(御由緒・御祭神・御利益)

創立年代不詳ながら、明治時代前には「妙剱大明神(みょうけんだいみょうじん)」として神社が建立されていたとのこと。

明治時代に、今の「目久美神社」と改称。

 

御祭神は、素盞嗚尊(すさのおみこと)、稲背脛命(いなせはぎのみこと)、久恵比古命(くえひこのみこと)、菅原道真公(すがわらのみちざねこう)の4柱。

 

4柱の神様のうち、稲背脛命と久恵比古命は、「足尾さん」と親しまれ、病気平癒の神様として崇敬されています。

公式サイト なし
住所 鳥取県米子市目久美町152
ジャンル 神社
アクセス JR山陰線「米子」駅から徒歩で約20分
駐車場 なし
トイレ なし

 

 

目久美神社の風景

2023年1月12日(木)、徒歩にて目久美神社を目指します。

 

駐車場

参拝者用の駐車場は、特に表示がなく、見当たりません。

「鳥居」前に、自動車が左右に1台ずつ駐車できるスペースはあります。

 

鳥居

石段の参道を登り、「鳥居」をくぐりましょう。

 

一拝して「鳥居」をくぐったら、次は「拝殿」を目指して石段をまた登りましょう。

 

社号碑には「目久美神社」と刻まれています。

 

参道の先に

「鳥居」をくぐり、石段を登り続けると……

 

1対の狛犬さんがお出迎え。それに木立が抜けて青空が広がっています。

 

狛犬さんは比較的新しめ。口元の朱色があざやかに映えています。

 

拝殿

狛犬さんの出迎えを過ぎると、丘の頂上に建立された「拝殿」が見えます。

 

「拝殿」に向かって左手に「手水舎」があります。

蛇口をひねって、出た水を柄杓ですくうのかな?

 

それでは、神様に、二拝二拍手一拝で御挨拶。

 

目久美神社の御朱印、お守り、お札は、同じ米子市内の賀茂神社天満宮でいただけるようです。

賀茂神社天満宮の宮司さんが、目久美神社の宮司を兼務されているそうです。

 

当ブログの、賀茂神社天満宮の記事はこちら↓

【鳥取県米子市】賀茂神社天満宮【受験合格祈願だけじゃない】
鳥取県米子市で学業の神・菅原道真公を祀る賀茂神社天満宮(以下、賀茂神社) 受験シーズン真っただ中の1月末、その賀茂神社に参拝しましたので、紹介させていただきます。 賀茂神社に参ってみようかな、と思っておられる方、是非ご一読くださ...

 

本殿

「拝殿」裏には、立派な玉垣(柵)に囲まれた「本殿」があります。

また、「本殿」を一周する参道は平坦なコンクリートで舗装され、歩きやすいです。

 

末社

「本殿」の脇には、末社が2社建立されています。

こちらの神様にも、二拝二拍手一拝で御挨拶。

 

「末社」に向かって左手の社は「船上神社」と神額が掲げられていました。

右手の社には、神額がなく、社号不詳です。

 

社務所?

「拝殿」の向かいには、注連縄がされていない建屋が1棟あります。

社務所でしょうか?

 

 

おわりに

鳥取県米子市の「目久美神社」について紹介させていただきました。

 

さて、この記事をまとめていると、この神社の名称は「目久美神社」なのか、「目組神社」なのか疑問が湧いてきました。

宮司さんの掲示物によると「目組神社」だし、鳥居や拝殿に掲げられているのは「目久美神社」だし……

とりあえず、この記事では「目久美神社」表記にしております。

ことの経緯が分かる人は御教示いただけると助かります。

 

ここまでの御高覧、ありがとうございました!

 

関連記事(鳥取県の寺社)

【鳥取県米子市】宇氣・河口神社にお参りしてきた【通称・七夕神社】
鳥取大学医学部にほど近い位置に鎮座する宇氣・河口(うけ・かわぐち)神社。 通称・七夕神社とも呼ばれる小さな社です。 2022年12月19日(月)にお参りさせていただいたので、ご紹介いたします。 宇氣・河口神社について(...
【鳥取県米子市】廣田神社にお参りしてきた【崖の下の小さな神社】
米子駅の南側に鎮座する廣田神社。 小高い丘の中腹にある、崖の下の小さな社です。 2023年1月12日(木)にお参りさせていただいたので、ご紹介いたします。 廣田神社について(御由緒・御祭神・御利益) 創立年代不詳。 ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました