【アウトドア】2023年の(デイ)キャンプ納め!山佐ダムキャンプ場に来訪

佐々井家の日常

2023年が暮れようとしている12月30日。

ブログ主が、今年始めた趣味の「キャンプ」。

デイ(日帰り)キャンプなら家族も一緒に行くのに乗り気で、いろいろ楽しめています。

 

さて、1年の最後に「キャンプ納め」をしようと妻から提案があり、行ってきました「山佐ダムキャンプ場」!

【島根県安来市】山佐ダムキャンプ場をご紹介【安い・静か・ポニーがいる】
昨今のコロナ禍でも、キャンプ市場はさほど衰えなかったと聞きます。 また、「ソロキャンプ」という言葉が市民権を得ましたね。 ……というわけで、遅ればせながらブログ管理人も、人生初の日帰りソロキャンプをしました! その初実戦場...

 

12月にしては暖かく天候に恵まれた1日。

家族4人で楽しんだデイキャンプをリポートします。

 

スポンサーリンク

冬の山佐キャンプ場の様子(ただし小春日和)

12月30日(快晴)11:00、島根県は山佐ダムキャンプ場に到着。

途中、スーパーで食材を買ってきました。

日本海沿岸から中国山地に入ったキャンプ場ですが、この日は積雪はありませんでした。

 

上・中・下の3段あるキャンプエリアの1番上のエリアに来てみました。

(利用料金はいずれのエリアも1人200円!)

 

前日に宿泊したキャンパーさんがいらっしゃいました。

 

 

まずは拠点づくり

車を降りて、荷物を運んで拠点を開設。

……とは言っても、今回はタープやテントは持ってきておらず。

露店で冬の穏やかな日差しを味わっていきます。

 

長女もベンチに使うコットの組み立てをやってくれました。

 

今年、登山でも活躍したイワタニのガスバーナーを今回も持参。

……したものの、ガスバーナーの上に乗せるはずの燻製作成セットを忘れもの。

と言うことで、バスバーナーは、今回は使用することがないままお帰り。

 

 

定番の焚き火をしよう

さぁ、コットやイスを展開し、焚火台をセットしたので火をおこします。

まずは、おニューのアウトドアナイフで、バトニング。

(先代のナイフは、職場で使ってたら失くしました。)

 

薪を割ったら、小枝を拾って火起こし開始!

100均のファイヤースターターでティッシュペーパー→絞った新聞紙に着火します。

 

ファイヤースターターから火種(ティッシュ)に着火するのはできるになったが……

火を育てるのが難しい!

今回は、新聞紙の日持ちの良さに助けられました……

 

酸素供給は娘達にお任せ。

 

無事に火を起こせたので、お湯を沸かして遅めのランチにします。

 

 

昼食1・外で食べるラーメンはウマイ

お湯が無事に沸いたので、カップラーメンをすすります。

 

「お外で食べるカップラーメン、なぜかオイシイよね」

娘たちも同意してくれています。

 

 

昼食2・今年の佐々井家は、焚き火をしたら肉を焼く

次は、ド定番の肉(今回は鶏肉)を焼いていきます。

冷凍食品の焼きおにぎりも添えています。

デカイ鶏肉を焼いて、ナイフで斬って、パクついてきます。

 

 

デザートは、焼き芋&焼きリンゴ

肉と米と麺で、お手軽におなかを満たした後は、デザートです。

まず、サツマイモを濡れた新聞紙で巻いていきます。

さらに、アルミホイルで二重三重にくるんでいきます。

 

それでは、焼いていきまーす。

 

次は、リンゴの芯をナイフでくりぬいて、シナモンをかけます。

分量? 適当でーす。

 

リンゴもアルミホイルにくるんで、焼いていきまーす。

 

しばし、Waiting……

 

焼けました!

左がリンゴ、右がサツマイモです。

 

こちらが、サツマイモを割ったところ。

ヨシ! 火が通っている!

 

思った以上の出来栄えで、娘もにっこり!!

 

こちらが、アルミホイルを剥いだリンゴ。

まっくろくろすけ!?

 

焼けた皮を取り除くと、美味しそうな果肉と、ちょっとあふれ出た蜜が!

 

こちらも大成功!

 

 

最後は、まったり焚き火

食事が終わったら、火遊び……もとい、焚火を楽しみます。

子どもたちも、日頃できない火をいじれて「キャンプ気分」満喫!

 

焚き火の暖がありがたい……という天候ではありませんでしたが、焚き火はいいものですね。

ゆっくりと、熾火になっていく様を、ボーッと見つめて今年のキャンプを終わりにしました。

 

 

おわりに

我が家のキャンプ元年・2023年の締めくくりにデイキャンプをした、という記事でした。

 

年の最初は、ソロキャンプを考えていましたが、フタを開ければファミリーキャンプもできて、大満足の1年でした。

今回のデイキャンプ、天候にも恵まれ、人気の少ない環境にも恵まれ、家族にも恵まれ……

天・地・人の3つが揃った花丸のキャンプでした。

2024年も楽しんでいきたいと思います。

この記事を読んでいただいた方、よいお年を!

 

ここまでの御高覧、ありがとうございました。

 

関連記事(アウトドア)

【アウトドア】バックパックを100均でカスタマイズ!外付け容量増加計画!
初めての泊まりキャンプに向け、バックパックを新調しました。 しかし、同じく新規購入したテントやらシュラフやらが入りきらないことに…… そこで、100均(ダイソー&セリア)のアイテムでカスタマイズすることに。 バック...
フライパンを廃品利用してキャンプの鉄板にしたった!
キャンパー1年目のブログ主・佐々井です。 「キャンプといえば、肉を焼く!」 そうしたイメージが、まだ脳内に色濃い今日この頃。 現在、ブログ主は肉を焼くのに「焚火台と金網」を使っています。 なにも問題な...
【アウトドア】我が家の2024年(デイ)キャンプ始めは大失敗!?
キャンプを趣味として始めて、はや1年。 (年に何回かのキャンプをする程度ですが) そんな私ですが、2024年2月に入っても、今年はまだキャンプに行けず。 それは、雪中や冬季キャンプをするほど装備と覚悟がないため。 ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました