【鳥取県銘菓】山本おたふく堂「ふろしきまんじゅう」を味わってみた

山陰遊覧記

こんにちは。鳥取県西部在住の佐々井と申します。

 

今回の記事は、鳥取県銘菓の「ふろしきまんじゅう」を実際に購入したので、ご紹介します。

素朴な味が魅力の「ふろしきまんじゅう」。

消費期限が短いのは注意ですが、鳥取県にお越しの際は食べてみてください!

 

スポンサーリンク

値段や消費期限など

まずは、簡単な商品紹介から。

商品名 ふろしきまんじゅう
製造・販売 (有)山本おたふく堂
公式ホームページ https://otafukudo.com/
内容量 8個
値段(8%消費税込) 540円(2022.5.1現在)
消費期限 3日間
保存方法 直射日光を避け常温保存
長期保存の方法 冷凍庫で冷凍・1週間保存可能(公式HPより)

 

鳥取県中部の琴浦町に明治元年からお店を構える「山本おたふく堂」。

その山本おたふく堂の看板商品が、この「ふろしきまんじゅう」。

できあがった饅頭の形が、モノを包んだ風呂敷に見立てて「ふろしきまんじゅう」の名がつけられました。

また、屋号と組み合わせて「おたふくまんじゅう」とも。

 

創業以来の味を守り、今も鳥取県民をはじめ、愛されている一品です。

 

実食!

さて、商品紹介を終えたので、「ふろしきまんじゅう」をいただきます。

 

「ふろしきまんじゅう」は、2022年5月1日、鳥取県米子市内のフードスタジオカクバンにて購入。

 

フードスタジオカクバンについての記事はコチラ。

【鳥取県米子市】フードスタジオ カクバン に行ってみた【山陰の名産品】
2022年3月25日、米子タカシマヤの隣に開店した「フードスタジオ カクバン」。 開店から少し、時間がたってしまいましたが、2022年4月7日にブログ主が訪ねてみたので、同施設を紹介したいと思います。 フードスタジオ カクバ...

 

包みを開けると、古風な内装とともに8個のまんじゅうが登場!

 

蒸れた小麦のいい匂いが……

それでは、いただきます!

 

大きさは、大人は1口サイズ。

小学生でも、2~3口の小振りな饅頭です。

 

こちらは、まんじゅうの裏側。

 

一口食べると……軽い!

中身は小豆のこしあんですが、甘すぎず、生地の味も感じられます。

むしろ、生地の風味の方がしっかりしていて、それでかつ重たくもない。

極めて、味も食感も、あっさりしておいしいです。

パクパク食べられるまんじゅうです。

 

こちらは、断面です。

「アンコがぎっしり!」というものではありませんが、これが「軽い」という食感に繋がっているのかな?

 

家族4人、1人2こずつをアッという間に食べてしまいました。

ごちそうさまでした。

 

 

注意点

消費期限が、製造日を含め3日間です。

 

賞味期限ではなく、消費期限が、です。

 

お土産にオススメなのですが、この消費期限にはご注意ください。

 

製造・販売の「山本おたふく堂」のHPには、冷凍保存と解凍方法も載っているので、よろしければそちらも参考にどうぞ。

こしあんの甘さが苦手な方にも、おすすめできるアッサリ味の饅頭です。

 

 

おわりに

山本おたふく堂の「ふろしきまんじゅう」をご紹介してきました。

鳥取県民にも愛されている一品(ソースは生粋の鳥取県人の我が妻)です。

この、あっさりまったり味を是非、県外の型にも味わってほしいと思います!

 

ここまでの御高覧、ありがとうございました!

 

関連記事(山陰のお土産)

【島根県銘菓】中浦食品「どじょう掬いまんじゅう」を味わってみた
こんにちは。 鳥取県米子市に住んでいる佐々井です。 今回の記事は、米子市のお隣:島根県安来市の有名な「どじょう掬い踊り」をモチーフにした島根県銘菓「どじょう掬いまんじゅう」について紹介します。 どじょう掬い踊りの「...

 

関連記事(鳥取県のお店)

【鳥取県米子市】フードスタジオ カクバン に行ってみた【山陰の名産品】
2022年3月25日、米子タカシマヤの隣に開店した「フードスタジオ カクバン」。 開店から少し、時間がたってしまいましたが、2022年4月7日にブログ主が訪ねてみたので、同施設を紹介したいと思います。 フードスタジオ カクバ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました