(書籍紹介・要約)日帰り登山のススメ あした、山へ行こう!【鈴木みき】

佐々井の本棚

今回、ご紹介する書籍はこちら!

タイトル 日帰り登山のススメ あした、山へ行こう!
著者 鈴木みき(イラストレーター)
出版社 講談社
初版発行年月日 2016年5月13日

 

本書は、2010年9月に刊行された「あした、山へ行こう!日帰り「山女子」のすすめ」を改題、文庫化したものです。

「山登り」に魅せられた著者が、いちばん手軽にできる登山『日帰り登山』について、必要な道具やスケジューリングなどについて教えてくれる1冊です。

本記事では、本書の内容をおおまかに紹介させていただきます。

 

スポンサーリンク

山、登ってみませんか?

24歳の頃にカナダで1年間を過ごし、その時から山に魅せられた著者は、さまざまの山登りを体験。

山小屋でのアルバイトを経て、今では「登山系イラストレーター」と呼ばれる著者。

そんな著者の周囲では、よくこういった声が聞こえるそうです。

「山に行きたいんだけど、どうしたらいいか分からない」

「山登りって楽しそう、私にも行けるかな?」

著者の結論から紹介すると、

日帰り登山なら、家にあるもので間に合わせられる

運動音痴でも登山は大丈夫。著者自身、帰宅部だった

です。

 

まぁ、登山にまつわるハードルは、もっといろいろあるようで……

「いつ、山に登りに行ったらいいのか分からない」

「どこの山に行けばいい?」

「一緒に行く人が見つけられない」

 

そんな声にこたえるのが、本書となります。

 

日帰り登山の準備編

日帰り登山の準備として、本書で「着るもの」「靴」「ザック」について判断条件が紹介されています。

着るもの

ベースレイヤー(肌に直接触れるウェア)で、山に適している服の素材は「綿」以外

綿は、一度濡れると、山中ではほぼ乾きません。

濡れた衣服を着ていると、体温が奪われて疲労がたまっていきます。危険!

「ナイロン」や「ポリエステル」をベースに、上から「綿」を重ねることも可能です。

下着も乾きやすいものがベターです。

ボトムスは、ストレッチ性が重要。

ジーンズや綿のズボンは、濡れると乾きにくくてストレッチ性がなく、足も上がりにくいです。

「ジーンズしか持ってない!」という方は、それでもOK!

ただ、山で動きにくい、ということです。

次は、アウターですが、まずはカッパ

山の天気は変わりやすく、レインウェアは重要。

上下で別れているレインスーツが基本で、ちょっと寒いときに羽織るなど、要とは多様。

ただし、透湿性のないビニール素材はNG!

汗が抜けず、内側を濡らしてしまいます。

あとは、帽子・山用サングラス、

寒いときは手袋・ストール・アームウォーマー・レッグウォーマー、

といったところでしょうか。

 

とりあえず、スニーカーでOK!

登山靴を買う際は、種類が多いので「日帰り登山に行く際の靴を」というように購入目的を店員さんに伝えましょう。

店員さんも、商品の提案がしやすくなるそうです。

 

ザック

日帰りの荷物なら、15~20リットルの大きさのザックでOK!

お泊り登山を見据えるなら30リットル前後のものを。

容量の他は、かたっぱしから背負ってみてフィーリングのいいものを。

 

日帰り登山の山選び編

山についての誤解:「山開き」とは

「山開き」とは、一般に登りやす時期の到来を告げる言葉であり、山小屋や周辺の交通が本格的に営業を開始する時期になります。

しかし、「山開き」はある程度の目安で、山は一年中登れます

 

山についての誤解:「登山届」とは

「登山届」は、入山許可ではなく、万が一事故や遭難にあった時に迅速に救助活動をするために、「入山した」ことを届け出すことです。

登山口や山小屋の登山届ポストで提出できます。

警察署やお役所で手続きが必要なわけではありません。

 

四季の登山のタイミングについて

日本には、春・夏・秋・冬の四季がありますが、(山によりますが)一年中登ることができます。

四季のいつ登っても、その季節ごとの良い面があります。

 

山に一緒に行く人を見つけよう

山に誰と行くか?

それが問題です。

家族? パートナー?

共に成し遂げる感を味わえる登山は、絆が深まるので近しい人と楽しめれば素晴らしいことです。

しかし、「なんでも言い合える距離」がゆえに、登山を楽しめないと悪い結果を招くことにも……

(登山中に体力的につらいのにイジられる、など)

 

そういった意味で、家族やパートナーに不安がある方は、登山経験者の知り合いや「休日が同じ周期の友人」がオススメ

登山ツアーという、グループ登山も悪くありません。

 

ガイド本を選ぶ

登山を選ぶ際に参考にするガイド本も選び方があります。

 

著者のオススメは、「自宅から登山口までのアクセスがわかりやすいもの」です。

公共交通での移動手段や所要時間が記載してあると、スケジュールが立てやすくなります。

また、乗り物を降りてから登山口までの道の説明があると、登山当日に助かります。

御残口の看板は小さいことが多く、またそこまでの道しるべがないことがほとんど。

バスを利用する場合は、本数が少ないことがあるので、往路・復路ともに必ず調べておきましょう。

なお、著者のオススメのスケジュールは、15時までに下山するスケジュールをくむこと。

「著者との約束!」とまで書かれています。

 

登山に持っていくもの

前章で紹介した「靴」「レインウェア」「ザック」を揃えましょう。

次に「パッキング」をしましょう。荷造りのことです。

入れるモノは、登山地図や登山雑誌にある装備リストを参考にしましょう。

(本書でも、著者の基本装備が収載されています)

著者の最重要アイテムとして、「ヘッドライト」「おやつ」「登山地図」の3つが紹介されています。

 

おわりに

鈴木みき・著「日帰り登山のススメ あした、山へ行こう!」を簡単ですが、ご紹介いたしました。

本ブログ記事で紹介した内容以外にも、オススメの山などの登山情報が盛りだくさんです。

 

嗚呼、さっそく登山がしてみたい……。そう思えてくる1冊です。

著者曰く、「登山したいんですけどね~」という言葉は、「スッキリしたいんですけどね~」と聞こえるそう。

山を登るのは、最終的に自分一人の力でもあります。

一歩、一歩、自分と向き合いながら目的地を目指す。「瞑想」に似てますね。

目的地に着くことができれば、達成感も得られます。

そして、同行してくれた友人やパートナー達がいれば、喜びを共有することもできます。

日頃のモヤモヤ・ユラユラしたもの、山を登ってスッキリさせましょう。

うん。ブログ主も山登りがしたくなったな。今宵、家族会議だ!

ここまでの御高覧、ありがとうございました!

 

関連記事(コミックエッセイ)

(書籍紹介・要約)良いかげんごはん【たかぎなおこ】
今回、ご紹介する書籍はこちら! タイトル 良いかげんごはん 著者 たかぎなおこ(イラストレーター) 出版社 ORANGE PAGE MOOK 初版発行年月日 2016年3月12日 ...
(書籍紹介・要約)おまつり万歳!【たかぎなおこ】
今回、ご紹介する書籍はこちら! タイトル おまつり万歳! 日本全国、四季のまつりとご当地ごはん 著者 たかぎなおこ(イラストレーター) 出版社 文藝春秋 初版発行年月日 2016年11月1...
(書籍紹介・要約)へなちょこ手づくり生活【たかぎなおこ】
今回、ご紹介する書籍はこちら! タイトル へなちょこ手づくり生活 著者 たかぎなおこ(イラストレーター) 出版社 白泉社 初版発行年月日 2013年9月25日 本書は...
(書籍紹介・要約)おひとりさまのゆたかな年収200万生活【おづまりこ】
今回、ご紹介する書籍はこちら! タイトル おひとりさまのゆたかな年収200万生活 著者 おづまりこ(漫画家) 出版社 KADOKAWA 初版発行年月日 2018年3月16日 ...
(書籍紹介・要約)おかあさんライフ。【たかぎなおこ】
今回、ご紹介する書籍はこちら! タイトル おかあさんライフ。 著者 たかぎなおこ(イラストレーター) 出版社 KADOKAWA 初版発行年月日 2020年2月14日 ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました