【私感】ブログ記事のネタ不足・ネタ切れ対策【60記事公開時点の気づき】

やりくり家計簿

ブログ構築1年生の佐々井です。

本ブログで公開している記事が60を突破しました。

当面の目標として、100記事の掲載を目標にしています。

 

そんな私ですが、ブログのネタ不足・ネタ切れに備えて意識していることがあります。

 

簡単に言うと2点です。

インプットしたことをアウトプットに転用できないか意識する

頭が煮詰まったら、ブログについて、ちょっと離れる時間を取る

 

それでは、若輩者ですが、上記2点について紹介させていただきます。

想定状況としては、「雑記ブログで、少しでも収益化したいと思ってる初級者のブログ」です。

よろしくお願いします。

 

スポンサーリンク

インプットしたことをアウトプットに転用できないか意識する

自分が体験したこと・勉強したことを、全て記事にしてしまいましょう!ということですね。

実際に体験したことをネタにする

「旅行記・観光地の紹介」や「ケースバイケースの事例が多い趣味の記録」、「日常生活をおくっている中での気づき」を記事にしてはどうでしょうか。

 

例・旅行や観光地などのレビュー系の記事

「旅行」や「観光地の紹介」は、自分の体験を追走する形で「ネタのあらすじ」ができ、また感想を「レビュー」として記載できます。

写真も自分で撮影すれば、オリジナル画像として掲載ができます。

「大手旅行会社のサイト」など、強力な競合相手が多いと思いますが、「かゆいところまで手が届く内容」、「実際の旅行者の視点からどうだったか、自分はどの客層なのか」などでオリジナリティは出せないでしょうか。

 

 

例・ケースバイケースの事例が多発する趣味の記録系の記事

「ケースバイケースの事例が多い趣味の記録」とは、例えば「家庭菜園」や「釣り」の記事です。

「家庭菜園」は、栽培する野菜・果物の種類から、地域やその年の天候、害虫の状況などといった多くのファクターがあり、いろいろ発生するアクシデントなどを1つ1つ記事に取り上げていくのはどうでしょうか。

「野菜・果物の栽培」について、概略を説明する本や解説動画、解説ブログは多くあると思いますが、発生したアクシデントがまれなケースで、それをブログ記事にすると希少な資料になります。

数は少ないかもしれませんが、同じようなケースに陥った人がアクセスしてくるでしょう。

「ニッチなジャンルを攻める」ような感じになると思います。

 

「釣り」も、釣り具の仕掛けや、使用するエサを実際の釣果やその年の状況に応じて改良していったりすると思います。

その「試行錯誤」を記録し、ブログにアップすると、これも同好の士にとって貴重な一資料になり得ます。

 

 

例・日常生活や趣味の活動をおくっている中での商品や気づきをネタにする

生活用品や趣味の関係の商品のレビューなんかは、王道だと思いますが記事にできます。

新商品・トレンドに乗った商品のレビューは華やかで注目されると思います。

また、同じジャンルの商品の比較記事も、よく目にしますね。

しかし、古くから使い込んでいる商品のレビューも無価値なわけではないと思います。

 

新製品が、全部が全部「改良」されたわけでないでしょうし、また「レトロ」という観点から、古い商品にフォーカスを当てても良いのではないでしょうか。

私の知っている限りでも、もう30年ぐらい前のテレビゲーム「ファミコン」の実況動画がYoutubeで人気があったりします。

古いゲームも、中古市場や新型ゲーム機でも復刻して販売されるなど、販路はあります。

また、客層も「懐かしい!」という層、さらに「またやってみたい!」という層や、「昔にもこんな面白いゲームがあったのか!」という層もいると思います。

 

自分が使ったり見たりするものは、書きやすいうえ、記事に熱がこもりやすいと思います。

もしかしたら、書いてるうちに自分も楽しくなったりするかもしれません。

ネタ不足に苦しんでいたのが、一転して楽しんでブログを書くことができれば言うことはありませんね。

 

 

勉強したこと・インプットしたことを自分の中で整理してネタにする

「資格取得」や「なにかの手続き」、「資産運用」といった、自分にインプットしたものをブログ記事にするのもいいでしょう。

 

例・資格取得や資産運用などで勉強した単語や制度をネタにする

なにかの資格、例えばFP(ファイナルシャル・プランナー)や簿記などを勉強する際、自分が疑問に思い、解決したプロセスも併せてブログ記事にしてはどうでしょうか。

参考にした書籍やインターネット記事をそのままコピペするのは御法度です。

しかし、「つまづいた点」や「もう少し深掘りしてみた点」などを付加することにより、オリジナリティを出せないか、と思います。

 

なにより、自分がアウトプットしようとすることが、自分の効率的な再勉強となります。

もし、この記事を読んでいただけている方が、ブログをされていらっしゃれば「あるある」と思っていただけるかな……と思います。

 

 

例・勉強したこと経過記録の双方を組み合わせてネタにする(資産運用など)

「資産運用」などは、用語や制度を勉強し、実際に投資をして、その経過を見ていく・・・・・という過程のすべてがブログ記事にできます。

それも、1カ月後、半年後、1年後、3年後と経過する毎に記事にできます。

また、資産運用の勉強が進むにつれ、記事にできる用語や制度が増えていくでしょう。

時間がたてば、制度が変わっていくこともあり、トレンドの記事としても書いていけることでしょう。

 

例・書籍や映画などを自分で内容や要旨をまとめてネタにする

前述した「勉強したことをネタにする」とかぶるところはありますが・・・

特にメッセージ性の高い書籍・映画の要旨をまとめると、自分の勉強にもなります。

 

また、要旨をまとめた書籍・映画を紹介することで、アフィリエイト記事としても組み立てることができます。

ある程度、記事が出来上がると、ジャンルごとに「まとめ記事」をつくり、内部リンクを循環させることもできます。

 

 

例・有益な情報か分からないけど記事にしようとしてみる

一般的に、「日記」というジャンルは、収益性を求めるブログに向いていない、といわれます。

有名人以外の「日記」って、需要があるの?ということです。

 

ただ、自分の日常生活で起こったイベントやハプニングに、「深掘りできるキーワード」が眠っていることがあるかもしれません。

実際に、その日、その週に起こった出来事を思い出し、記事に組み立てようとした際に「ハタと気づく・疑問に思う」ことがあれば、しめたもの。

その「気づき」を記事のメインキーワードに変えて、記事を再構築してはどうでしょうか。

 

 

頭が煮詰まったら、ブログについて、ちょっと離れる時間を取る

完全なネタ切れ・・・・・・に陥ったら。

そんな時は、「ブログ」から離れてみるのも手だと思います。

 

「ブログ、ブログ、ブログ・・・・・・ネタ、ネタ、ネタ・・・・・・」と彷徨っている脳をいったん、休ませてあげましょう。

 

もしくは、ブログの収益化に必須と言われる「SEO(自分のブログ記事が検索エンジンにヒットしやすいようにする工夫のこと)」から離れ、自己満足の記事をつづってもいいかもしれません。

 

人は、考えれば考えるほど、視野が狭くなることがあります。

一度、視野を広くする、原点に立ち返る、ということも必要かもしれません。

リフレッシュした脳が、今まで視野に入っていなかった、新たなネタやキーワード発見を拾ってくれることでしょう。

頭をリフレッシュ・ネガティブな思考を止める方法として、座禅もおすすめです。

お寺の和尚さんから教わった自宅でできる座禅のやり方
1年間、月に1回以上は座禅を組んでいる佐々井です。 今回は私が実際にお坊さんから教わった座禅の方法をご紹介します。 「座禅」は組むことによって、日夜いろいろ考えて疲れている「脳をリセット」できる、そんな気がしております。...

 

 

おわりに・・・・・・まずは「稼ぐ」<「楽しむ・続ける」を目標にする

人は「義務感」を強く強く感じて仕事をし続けると疲れていきやすい・・・と私は思っています。

 

ブログの更新も、「続けるのが習慣」くらいの捉え方はいいと思いますが、「更新するのが義務」というように感じてくると、その人の重荷になってしまいます。

重荷を背負って、疲れていくと、当然パフォーマンスは落ちてしまいます。

たまには、荷を軽くして、視野を広げなおして「楽しんで続ける」でもいいのではないでしょうか。

それが、結果的にいろいろな経験が積みあがって、レベルアップにつながると思います。

 

本記事は、半ば私自身に言い聞かせている記事でもあります。

今後とも、本ブログをよろしくお願いします。

ブログを運営されている方、読んでいただいて御助言・御指導いただけることがあれば、よろしくお願いします!

 

ここまでの御高覧、ありがとうございました!

 

 

関連記事(ブログ関係)

【ブログ運営】Googleアドセンス合格時の状況を紹介
2022年2月11日、起床してPCでメールチェックしたら・・・ 「Googleアドセンスのアカウント有効化」の通知メールが届いていた!! というわけで、当ブログを運営している佐々井です。 いわゆる、Goog...
【自己紹介】30代後半のおっさんがブログに挑戦したわけ
2021.09.25(土)に当ブログを開設した佐々井です。 当ブログの概要や開設に至った経緯などを記事にしたいと思います。 最初に本記事の結論を3行で。 ・ブログを開設したのは、私のお金にまつわる話を発信してみたい...
【ブログ運営の心得】さぁ出番だぜ!オレだけのバッターボックス!!
野球経験は、職場のなれあい草野球に参加したことしかない佐々井です。 そのわずかな野球の経験と、現在続けているブログ活動の心持ちとがリンクしています。 ブログの1記事、1記事が、野球の1打席、1打席とかぶって見えるのです。...

 

関連記事(関連書籍)

(書籍紹介・要約)ブログ飯【染谷昌利】
佐々井です。 今回紹介する書籍の著者・染谷昌利さんは、御自身のブログ運営の経験をもとに、収益化ブログを運営するブロガー・アフィリエイターに向けた著作を数多く執筆されている方です。 そんな彼が、サラリーマンを辞めてブログの...
(書籍紹介・要約)お金の大学【両@リベ大学長】
こんにちは。お金を貯めたい佐々井です。 今回、ご紹介するのは、高校在学中から起業し、紆余曲折を経て「日本一自由な会社」の社長となった、両@リベ大学長さん著「お金の大学」です。 (function(b,c,f,g,a,d,...

コメント

タイトルとURLをコピーしました